ベトナムのプラカゴ通販専門店MONET(モネ)の店長日記
PPバンドのプラカゴに、興味のある方、自分で作ってみたいと思われる方へ
 

日本製とベトナム製のカラフルなプラカゴ作りのための手芸用PPバンドを販売しています。

*ブログの画像や内容の無断転載を禁じます。  
 

花まる編みのかごも、あともう少しで出来上がりです。
まだ、人に教えるほどまで、理解していません。

先日、いただいたコメントで、編み目の間違いと編みかたについてのヒントをいただきました。
非公開でしたが、これは、そのまま掲載させていただいたほうが、みなさんにとっても、参考になるのではないかと思いまして、公開させていただく許可をいただきました。

ブログ更新は、結構孤独な作業で、本当に見てくれる方がいらっしゃるのか、不安な気持ちが少なからずあります。
どんなご指摘でも、見てくれているんだなと思えるので、ありがたいものです。
しかも、温かみのあるコメントで、その方の人柄を感じることができ、うれしくなりました。
編み目の間違いは、画像のまるの部分ですので、ご確認ください。
PPバンドを編んでいく順番についても、教えていただきましたが、私は、実際に編んでみないと、なかなか理解ができません。
わかる人は、わかるだろうと思いますので、ぜひ、参考にしてください。
私は、次のチャレンジで、理解を深めながら、進めたいと思います。
これからも、みなさん遠慮無く、ご意見ご指摘をいただけたら、助かります。


花まる編みのプラカゴの作り方





花まる編みのプラカゴの作り方





花まる編みのプラカゴの作り方



☆いただいたコメントです。

『いつも更新、楽しく拝見してます。
花まる編みにチャレンジされているんですね。私もこの編み方が好きでよく編んでいるんですが、気になるところがいくつかあり…頑張っていらっしゃるのに水を差すようで心苦しいのですが誰もが最初は間違うものなので…気を悪くされないようにお願いします。
1枚目の写真、右上の花の濃いピンクが通すところを間違えてます。
最後から2枚目の写真の左下もです。
後、全体的に薄いピンクの通すところが違います。上から濃いピンク、薄いピンク、ゴールドの順番になるようにしないと薄いピンクが固定されません。編む順番が問題です。濃いピンクを編んだら、次に薄いピンクを編み、最後にゴールドで編むと解決しますよ。
厳しいことを言いましたが、毎回丁寧に編み方を掲載されてて凄いな!と思っていますし、色合わせとかとても参考にさせて頂いてます。
コチラデプラカゴもPPバンドも購入したこともないくせに差し出がましくて申しわけありません。
でも、いつかはその柔らかいと言われているPPバンドで編みたいといつもいつも思っている1人のファンなので許してくださいませ。
完成までもう少しですね。頑張ってくださいね。』

がんばります!





スポンサーサイト
やっと、ここまで、できあがりました。
薄いピンクののPPバンドは、日本製PPバンドのさくらに決めて編みました。


花まる編みのプラカゴの作り方

途中で、カットしている部分がありますが、これは、底の角です。
最後は、さくらのPPバンドで、3方向から編み込んでいくわけですが、一部重なり合う箇所がありました。
始末の仕方を他のかごで、確認したところ、重複するところは、途中でカットされていました。
これは、他の花まる編みのかごも、確認したいと思いますが、最後まで重ねて編み込んでも、途中でカットしても良いのかもしれません。







花まる編みのプラカゴの作り方







花まる編みのプラカゴの作り方







花まる編みのプラカゴの作り方







花まる編みのプラカゴの作り方







花まる編みのプラカゴの作り方







花まる編みのプラカゴの作り方







花まる編みのプラカゴの作り方







花まる編みのプラカゴの作り方







花まる編みのプラカゴの作り方







花まる編みのプラカゴの作り方


次は、上部の縁の部分の始末をします。





花まる編みのプラカゴの作り方





クリアピンクの花びらに見える部分を編み終わりました。
できあがりは、まだまだ先ですが、中心の花芯の部分の色を何色にするかとか、わくわくしながら考え始めて、少し試してみました。
短くカットしたPPバンドを挟んでいます。



花まる編みのプラカゴの作り方


左から日本製PPバンドの黄色、右は、ベトナム製PPバンドのクリアイエローです。







花まる編みのプラカゴの作り方


一番右側は、ベトナム製PPバンドの黄色です。微妙な違いがあります。







花まる編みのプラカゴの作り方


花芯の部分を編みたいところですが、これは、我慢して、斜めの枠を編みます。
こちらは、再入荷のベージュよりの金色です。今回は、以前のものよりも、赤みが強く濃いめのトープにも思える色合いです。(こちらは、現在販売準備中です。)







花まる編みのプラカゴの作り方







花まる編みのプラカゴの作り方


ベージュよりの金色は、すべて、クリアピンクの下を通して留めていく感じです。
ここまで、進めてくると、花まる編みを少しずつ解析できているような気がします。







花まる編みのプラカゴの作り方

ベージュよりの金色をぐるりと編んでいきます。







花まる編みのプラカゴの作り方







花まる編みのプラカゴの作り方







花まる編みのプラカゴの作り方

ベージュよりの金色をすべて編みこんだところで、花芯の部分に入ります。
今度は、ピンク系の色を試しました。







花まる編みのプラカゴの作り方







花まる編みのプラカゴの作り方


左は、ベトナム製PPバンドの粉ピンク、右は、日本製PPバンドのさくらです。









こちらは、今まで作っている花まる編みのプラカゴです。

順調に作っているところで、ちょっと変えたい部分ができました。
クリアピンクのところです。前回まで、ミントで編みこんでいましたが、思い切って全部外しました。
私のところには、様々な花まる編みのプラカゴと、今まで販売してきたプラカゴの画像があります。
それらを見ているうちに、色合わせを変えたくなりました。

一度編みこんだ部分を外して、また、編むのは、面倒なことなのですが、
色を変えることで、花びらに見えると思ったら、やり直したい気持ちが勝っていました。
2回目は、なんとなく指が覚えるというか、それほど、考えなくても編むことができました。


花まる編みのプラカゴの作り方







花まる編みのプラカゴの作り方







花まる編みのプラカゴの作り方







花まる編みのプラカゴの作り方







花まる編みのプラカゴの作り方

他のプラカゴの色柄を参考しにています。






花まる編みのプラカゴの作り方






花まる編みのプラカゴ








花まる編みのプラカゴ





枠の部分ができあがりました。
次は、どこをどうすれば良いのか。
単純に横のひもを入れようかと思いましたが、どこにも引っかからず、このひもでなはいのかと・・・。
次にもっと、下の方(内側)にあるひもを編み込んでみました。
これは、まわりのひもに、引っかかるので、これだと思い、実際のかごを見比べながら、進めてみました。
外に出して模様となる部分と、中を通す部分の規則性がつかめず、とにかく、実物を見ないとわかりません。


花まる編みのプラカゴ







花まる編みのプラカゴ







花まる編みのプラカゴ







花まる編みのプラカゴ







花まる編みのプラカゴ







花まる編みのプラカゴ







花まる編みのプラカゴ







花まる編みのプラカゴ







花まる編みのプラカゴ

ひたすら編み進めていくと、模様ができてきました。
しかし、六角形の角の部分の編み方がわかりません。
実物をの六角形の角を少し、解いてみました。
上部からのひもと、斜めからのひもが角で重なるようです。
ベトナムのものは、上から、角に編んできたものが他のひもと交差する場合は、途中でカットされて編み込まれていましたが、ここでは、重なり合う部分は、丈夫になると思うので、端から端まで、編み込んでみました。





花まる編みのプラカゴ


初めて、花まる編みのプラカゴを見たとき、自分は、絶対作れないと思っていましたが、
ここにきて、少し霧が晴れてきたような感じです。
スカスカの所を埋めていって、柄ができていくのは、わくわくします。
これは、作れるんじゃないかと、楽しくなってきました。




花まる編みのプラカゴ